ふるさと納税制度とは

ふるさと納税制度 もりたろう寄附

ふるさと納税制度とは

皆さんの応援でふるさと川内をもっと元気に

「ふるさと納税(寄付)」制度は、ふるさとを離れて暮らす皆さんの「ふるさとに貢献したい」という思いや「川内のむらづくりを応援したい」という思いで、寄付を行った場合、個人住民税の一割程度を上限として住民税から税額控除する寄付金税制のことです。

私たち川内村民は、全国に誇れる輝かしいふるさとづくりのため、さまざまな取り組みを展開しようとしています。その一つとして、2008年8月から「ふるさと応援モリタロウ寄付」をスタートさせました。

モリタロウとは、本村のキャラクター「自然の村長モリタロウくん」から命名したものです。川内で子ども時代を過ごした方、川内にお父さんやお母さんがお住まいの方や川内を気に入っていただき応援したいとお考えの方など、どなたでも川内村へふるさと寄付をしていただくことが出来ます。

また、寄付をする場合は、寄付される皆さんの意向を尊重し、村づくりに関する事業への使い道も指定できます。

  • 環境に関する事業
  • 生活・安全に関する事業
  • 産業の振興に関する事業
  • 健康・福祉に関する事業
  • 教育・文化に関する事業
  • 村づくりに関する事業/その他個別の指定事業

川内村ふるさと応援モリタロウ基金寄付条例(PDF)(新しいウインドウで開きます)

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは総務課 財務係です。

〒979-1292 福島県双葉郡川内村大字上川内字早渡11-24

電話番号:0240-38-2111/0240-38-2112