農業

認定農業者になろう!

認定農業者制度は、農業者が自らの経営を計画的に改善するために作成した「農業経営改善計画」を村が認定し、その計画達成に向けた取り組みを関係機関・団体が支援する仕組みです。

認定の対象者は?

  • 男女は問わず法人も対象
  • 家族経営協定を結び、経営に参加している女性農業者等もパートナーとともに認定対象(共同申請)
  • 新規就農を目指す非農家や兼業農家も対象
  • 農地を持たない畜産や施設園芸なども対象

認定を受けるには?

1.経営改善の決意

  • 問題点や弱点の発見
  • 5年後の目標を設定

2.農業経営改善計画の作成

(内容例)

  • 経営規模の拡大
  • 生産方式の合理化
  • 経営管理の合理化
  • 農業従事の態様の改善 など、5年後の目標!
川内村・JAさくら・双葉農業普及所が、計画の作成などについて 全面的にバックアップ
 「具体的な支援」
  •  ○経営相談・指導
  •  ○改善方向のアドバイス
  •  ○計画の作成指導
  •  ○経営改善の支援

3.役場へ認定申請

  • 農業経営改善計画認定審査会において審査を実施し、内容が認められれば 認定農業者!

4.計画に基づいた経営改善の実践

「目標達成!」

認定農業者に対する主な支援措置

(1)経営改善支援 経営相談や指導、経営診断等によるバックアップ
(2)低利資金の融資 スーパーL資金(農地や機械施設投資等のための長期資金)
(3)税制上の特例 機械、施設等減価償却費の割増計上
(4)農用地利用集積の促進 農業委員会が利用権設定等を調整することにより、認定農業者に対する利用集積を促進
(5)機械・施設等の整備 各種補助事業等により、リースでの機械施設導入や生産・流通・加工施設の整備に対して支援
(6)担い手経営安定対策 水田経営所得安定対策への加入
(7)農業者年金保険料の助成 特例保険料適用による保険料の助成措置

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Acrobat Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Acrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Acrobat Readerをダウンロード(無料)してください。

スマートフォン用ページで見る