1. ホーム>
  2. 村について>
  3. 社会福祉協議会>
  4. 社会福祉協議会概要

村について

社会福祉協議会概要

川内村社会福祉協議会は、平成3年3月25日に設立し、同年4月1日社会福祉法人の認可を受け発足しました。設立当初は役場庁舎内に事務所を構え、職員1人で事業拡大に向け始まりました。その後平成12年4月に複合施設「ゆふね」が開館したことから、事業所を「ゆふね」に移し村の福祉推進のためディサービス・ホームヘルプ事業を立ち上げ、翌年4月に居宅介護事業所も立ち上げて実施していましたが、平成23年3月に起きた福島第一原子力発電所の事故により全村避難を余儀なくされ、避難先である郡山市のビックパレットで出来る範囲の社協活動を実施していました。

その後平成24年4月に役場機能を村内に戻すと同時に社会福祉協議会も「ゆふね」で再開し現在に至っております。

29年度4月現在、村の高齢化率は39.7%であり、要介護認定者198人、要支援者62人で、ディサービス利用者74人、ホームヘルプサービス利用者15人となっています。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは川内村社会福祉協議会です。

〒979−1202 福島県双葉郡川内村下川内坂シ内133−5

電話番号:0240−38−3802

スマートフォン用ページで見る