HOME

観光情報 - 名所 > 天然記念物モリアオガエルの生息地「平伏沼」

文字サイズ: 

名所

平伏沼|千翁川高塚高原林の大杉不動滝

天然記念物モリアオガエルの生息地「平伏沼」

―うつくしまの音30景・モリアオガエルの鳴き声―


平伏沼

平伏沼(ヘブスヌマ)は、海抜842mの平伏山の山頂にあり、面積12aの小さな沼で、沼の周囲は広大な落葉広葉樹に囲まれモリアオ蛙の生息を支えています。

モリアオガエルの繁殖地として国の天然記念物の指定を受けているのは、全国で岩手県の八幡平大場沼とこの平伏沼の2ヶ所です。

沼の北西側の不用意の伐採と、昭和47年の干ばつが重なり産卵期に沼が干し上がり一時は絶滅寸前まで追い込まれたが、村民総出の必至の努力で危機から救われました。

 

モリアオガエル

モリアオ蛙は梅雨入りから10日間ぐらいで水辺の枝に泡状の卵を産み、その後15日ぐらいでオタマジャクシになります。

40~50日目頃までは尾のある小蛙を目にすることが出来ます。

 

草野心平歌碑
うまわるや 森の蛙は 阿武隈の 平伏の沼べ 水楢のかげ

草野心平

写真:草野心平歌碑

場所

福島県双葉郡川内村

川内村役場の紹介


皆さんの応援で川内を元気に! ふるさと納税制度 もりたろう寄附



田舎の暮らし情報

田舎ってこんなに元気!こんなに素敵!

おすすめ川内村 観光コース