1. ホーム>
  2. 観光>
  3. 名所>
  4. モリアオガエルの生息地「平伏沼」

観光

モリアオガエルの生息地「平伏沼」

うつくしまの音30景・モリアオガエルの鳴き声

『平伏沼の風景』の画像

平伏沼(ヘブスヌマ)は、海抜842mの平伏山の山頂にある、面積12aの小さな沼で、周囲の広大な落葉広葉樹と共に、モリアオガエルの生息を支えています。

モリアオガエルの繁殖地として国の天然記念物の指定を受けているのは、全国で岩手県の八幡平大場沼とこの平伏沼の2ヶ所のみです。

沼の北西側の不用意の伐採と、昭和47年の干ばつが重なり、産卵期に沼が干し上がり、一時は絶滅寸前まで追い込まれましたが、村民の努力で危機から救われました。

 

 

 

『『『『『『『モリアオガエル2』の画像』の画像』の画像』の画像』の画像』の画像』の画像

 

モリアオガエルは、梅雨入りから10日間程で水辺の木枝に泡状に包まれた卵を産み、その後15日程でオタマジャクシになります。

40~50日目頃までは、尾のある小蛙を目にすることが出来ます。

 

モリアオガエル産卵状況@平伏沼のフェイスブックページ

 ※産卵時期に不定期で更新します。

 

『平伏沼石碑』の画像 

 うまわるや 森の蛙は 阿武隈の 平伏の沼べ 水楢のかげ
 草野心平


 (写真:草野心平歌碑)

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは教育課です。

〒979-1292 福島県双葉郡川内村大字上川内字早渡11-24

電話番号:0240-38-3805/0240-38-3806

スマートフォン用ページで見る