HOME

川内村からのお知らせ > 義援金について

文字サイズ: 

川内村からのお知らせ

 [2013年08月30日]

義援金について

○義援金の受付について
 川内村では、東日本大震災による避難者に対する生活支援のための義援金について、
下記のとおり受付を行っています。

・名 称

 災害義援金

・口座番号

 福島さくら農業協同組合 川内支店 (普通預金 0010799)

・口座名義

 川内村会計管理者 出納室長 三瓶敏彦
(カワウチムラカイケイカンリシャ スイトウシツチョウ サンペイトシヒコ)

・その他記載 御氏名、御住所、電話番号
※お手数ですが義援金と分るように記入願います。

・振込手数料

 東邦銀行各店の窓口及び全国の地方銀行の窓口(第2地銀を除く)での振込については
手数料が免除されます。


*税法上の措置について*

 所得税法第78条第2項第1号の規定に基づく寄附金控除(2千円を超える分について)、
地方税法第37条の2第1項第1号及び第314条の7第1項第1号の規定に基づく寄附金控除
(5千円を超える分)、法人税第37条第3号第1号の規定に基づく損金として扱われます。
 なお、銀行振込みにより義援金取扱口座へ送金いただいた場合は、控えとしてお手元に
残る振込金受取書(受領書)の原本(金額や振込内容のわかるもの)を添付し、損金及び寄附
金控除等を受けるための受領書(証明書)にかえることができます。

*受領書の発行について*
 受領書の発行を希望される方は、お手数でもご連絡をお願いいたします。その際には、郵便番号、
住所、氏名、電話番号、振込先金融機関、振込日、振込金額等をお知らせ願います。

問い合わせ 総務課企画政策係 TEL 0240-38-2111


○義援金の配分状況について

 東日本大震災の義援金につきましては、国内外の多くの皆さまから温かいご支援をいただき、
誠にありがとうございます。
 川内村では、お寄せいただきました義援金を次のとおり配分しております。

■国・県義援金(平成25年8月30日現在)
 ◇歳入 : 1,767,649,368円
 ◇歳出 : 1,690,236,000円(配分済)
         「配分単位・配分先・国県義援金・配分時期」
 第1次配分  「1世帯当たり・世帯代表・400,000円・平成23年4月下旬〜」
 第2次配分  「1人当たり・世帯代表・280,000円・平成23年8月上旬〜
 第2次追加配分
   1回目   「1人当たり・世帯代表・46,000円・平成24年12月下旬〜」
   2回目   「1人当たり・世帯代表・81,000円・平成25年8月中旬〜」
 死亡義援金 「1人当たり・遺族代表・350,000円・平成23年7月下旬〜」

■村義援金(平成25年8月19日現在)
 ◇歳入 : 253,977,815円
 ◇歳出 : 242,762,000円(配分済)
         「配分単位・配分先・村義援金・配分時期」
 第1次配分 「1人当たり・世帯代表・50,000円・平成23年6月下旬〜」
 第2次配分 「1人当たり・世帯代表・10,000円・平成23年12月下旬〜」
 第2次配分
 (警戒区域) 「1人当たり・世帯代表・50,000円・平成23年12月下旬〜」
 第3次配分  「1人当たり・世帯代表・14,000円・平成24年12月下旬〜」

■義援金配分の流れ等
◆義援金配分算出方法
 国・県第1次配分は世帯数に応じて配分。
 第2次配分以降は一人当たりで算定して配分。
*住民票登録が平成23年3月11日時点でなされてなく、居住をされていた証明を
できる方については、1人としての配分ではなく、1世帯としております。

◆新生児に対する配分
 平成23年3月11日から平成24年1月月31日までの間に生まれた新生児…
 国・県義援金及び村義援金については第2次配分以降から配分しています。

◆義援金配分の流れ
 国(日本赤十字社、中央共同募金会、日本放送協会、NHK厚生文化事業団に寄せられた
義援金)及び福島県に寄せられた義援金は、福島県配分委員会により基準等を決定し、川
内村に配分されます。
 また、個人・団体等から川内村に寄せられた義援金は、川内村義援金配分委員会により
配分基準を決定し、国・県義援金と同様に村民の皆さまに配分しています。

問い合わせ 復興対策課企画政策係 TEL 0240-38-2112

川内村の記録(PDF)

川内村の記録(PDF)
共に作ろう”強くやさしい新生かわうち”の未来〜



皆さんの応援で川内を元気に! ふるさと納税制度 もりたろう寄附



田舎の暮らし情報

田舎ってこんなに元気!こんなに素敵!

おすすめ川内村 観光コース